デンタルローンという制度を聞いたことはありますか?どういったものかというと金融機関が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、患者はカード会社に治療費+手数料を分割で支払う立替払い契約の制度です。

家や車のローンをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、デンタルローンを活用するには、他のローンなどと同様に申し込み内容が問題ないか「審査」に合格する必要があります。

審査に通りやすいのは奨学金などのローンの返済や携帯電話料金支払いの延滞がない人が多いです。

出っ歯なのが気になる、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目が気になるなど歯の悩みをお持ちの方もいます。

歯列矯正を行なってコンプレックスから解放されてみませんか?でも、矯正って高額な費用がかかるイメージがありますよね。

現金が用意出来ないという場合、デンタルローンを使って分割払いするという方法もあります。

いきなり歯科医院で審査をするのって情報がうろ覚えだったり規約確認しておきたいしで少し抵抗がありませんか。

そんな場合、申し込む前に事前にHPで仮審査を行っておくのがおすすめです。

流れとしては使いたいローンのサイトで事前審査をして通過後、ローン提携している歯科医院で再診し、正式申込で完了になります。

実は歯並びが気になるなど歯に関する悩みを持っている方は多いようです。

歯並びが悪いままだと、虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが悪くなり、そのバランスの悪さを取り戻そうとして体全体に負担がかかることがあります。

高額な費用がかかりますがデンタルローンを利用して歯列矯正しませんか?歯並びがよくなることで、左右どちらかに偏ることなく均等に噛めるようになり筋肉のバランスがよくなるので顔の歪みが解消されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも良好になり、肩こりや偏頭痛などが軽減、解決することもあります。

この機会に歯列矯正を検討してみてはいかがでしょう。

歯が抜けた、歯並びを直そうとした時に歯科医院でデンタルローンを勧められたことはありますか?名称に「ローン」とつくだけあり、審査が必要になります。

では、審査基準はどういった部分を見ているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、俗にいうブラックリストに記載されていないかを見られます。

また、成人後の主婦や年金受給者の方も利用できますが審査内容によっては保証人が必要になることもあります。

歳をとると気になってくるのが抜け歯です。

例えば、歯が抜けてしまった場合、ブリッジにするのかインプラントに悩みますよね。

でも、どんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、失った歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラント治療は、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

他の歯に負担をかけないので長期的にはこちらがいいようです。

細かい条件があるけど保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がないインプラントにするか悩みますね。

高額な費用を気にするという方はデンタルローンを活用してみてください。

デンタルローンや住宅ローンなどの各種ローンを組む際に心配なのが審査に通るか、落ちることはないのかということです。

では、審査に通りやすいのはどんな人でしょうか。

それは、勤続年数が1年以上で収入が安定している正社員の方です。

なぜかというと、収入が安定しているということは返済の見込みが立つからです。

では、審査に通らない人とはどんな人でしょうか。

収入が不安定な方はもちろん、特に若い人に多いのが引き落としができなかったというように支払いを延滞していることです。

滞納に気づいてすぐに解決したのなら良いのですが連続で延滞や何回も繰り返していると落ちやすいようです。

時に、高額な治療費が必要になる歯科治療ですが、治療を受けたいのに治療費を準備できなくて受けられないという話を聞きます。

イオン銀行がやっているデンタルローンを利用してみてはいかがでしょう。

最低借り入れ額が30万円からと他の企業のローンと比べると10万円から借り入れ可能なのに対して高めになっています。

別の部分で差別化を図っており、他のローンと比べると最低金利が3.8%と他社と比べ低めになっているので、高額な費用を借りるときほどお得ですね。

歯科医院で出される見積もり金額に合わせて、利用するローンを決める参考にしていただけたらと思います。

歯列矯正って保険外治療になって高額な治療費がかかってしまうため治療しようという踏ん切りがつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそ使えるシステムは活用しましょう。

デンタルローンというシステムです。

歯列矯正治療を提案された時に必ず治療費がどれくらいかかるかの見積もりをもらえるのでその見積もりに対していくら借りるか、また、どれくらいの期間で返済するのかを各社のサイトでシュミレーションをしましょう。

また、年間の治療費を10万円以上になった場合には、確定申告時に申告をすることで控除を受けられますので必ずしましょう。

「自営業でもデンタルローンは借りられるの?」ローンについて調べていたところとこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば借りることができます。

では、なぜそう思い込んでしまったのでしょう。

その理由の一つとして、デンタルローン は歯科治療を目的にした融資なので資金調達など自分の事業目的には使えないことが挙げられます。

そのほかに、審査時に重要視される「安定した収入」が自営業の場合、ばらつきが出てしまう、独立した直後など営業期間が短いと「安定した」と見られないこと、一定以上の収入を得ていると審査時に公的証明を求められることがあり面倒に感じることが挙げられます。

小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み合わせが悪くて治療したいという方は多いはず。

でも歯列矯正について歯医者で聞いたら高額で自分には費用が用意できないと諦めている方、デンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、「歯科治療費」にのみ使い道を限定したローン制度です。

ローンを取扱う企業が申込者に代わって治療費を立替払いし、患者はローンを取り扱っている信販会社に治療費+金利を分割で返済するローン制度のことです。

また、ローンを利用する時に確認しておきたいのが利用したいローンと提携している歯科医院と対応していない歯科医院がありますのでご確認ください。

原因がわからないけれど肩こりや頭痛でお困りの方。

噛み合わせの悪さ原因の可能性があります。

症状を調べて歯医者に行ってみたら治すのに高額な費用がかかることがわかって躊躇してしまう方もいるようです。

その理由として、パートの自分にはすぐに費用が用意できないということがあります。

では、デンタルローンを活用してみてはどうでしょうか。

ただ、ローンを組む際にの注意点として、ローン会社は「安定した収入」であるかを審査時に重要になり非正規雇用なのが不利に見られることがあります。

より審査に通る可能性を上げるならば、「安定した収入」のある配偶者名義で申し込みをした方が審査にいいようです。

関連ページ